カテゴリー別アーカイブ: 装置・計測

AMAT、スクリーン印刷方式の結晶シリコン太陽電池製造装置の新プラットフォームを発表

アプライド マテリアルズ(AMAT)が、スクリーン印刷方式による結晶シリコン太陽電池製造装置の新しいモジュラー・プラットフォーム「Baccini Pegaso」を発表しました。同プラットフォームは、セル製造の高精細化、歩留まり向上、生産性向上を同時に実現することで、高効率・低コストの太陽電池製造を可能にするとしています。

「1000兆分の1グラムの精度で生細胞の質量はかれる」 イリノイ大が細胞イメージングの新技術開発

イリノイ大学の研究チームが、2本の光線を使って細胞の質量を測定する空間光干渉顕微鏡法(SLIM: spatial light interference microscopy)という新手法を開発したとのこと。この技術によって、「細胞の成長は一定速度で進むのか、それとも急激に成長するのか」といった議論の多い問題についての新しい知見が得られるといいます。

米オークリッジ国立研究所、燃料電池の反応観察に適した「電気化学歪み顕微鏡法」を開発

米オークリッジ国立研究所が、燃料電池の化学反応観察に適した新手法「電気化学歪み顕微鏡法(ESM: Electrochemical Strain Microscopy)」を開発したとのこと。固体中のイオン移動を画像化することが可能であり、燃料電池の性能向上や貴金属触媒の使用量低減などの研究が進むことが期待されます。

AMAT、DRAM高速化のための新製造技術を導入

アプライド マテリアルズ(AMAT)が、20nm世代のDRAM高速化に向けた製造技術を新たに導入しました。ゲート絶縁膜の性能を向上させる高ドーズ窒素注入技術「Applied Centura DPN HD」、高アスペクト比の電極構造形成技術「Applied Endura Cobalt PVD」、ゲートスタックの低抵抗化技術「Applied Endura Versa XLR W PVD」という3つの技術が発表されています。

カリフォルニア大、太陽光発電の出力変動予測ツールを開発

PV Forecasting Tool

雲が出てくると太陽光パネルの出力はどのように変動するでしょうか。また、こうした変動を予測することは可能でしょうか。カリフォルニア大学サンディエゴ校のJan Kleissl教授と博士課程のMatthew Lave氏は、これらの問いに答えを出しました。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...