カテゴリー別アーカイブ: 二次電池

フラウンホーファー研究所、軽くて頑丈な電気自動車用バッテリ格納容器を開発。繊維強化複合材料による量産プロセス確立めざす

フラウンホーファー研究所が、繊維強化複合材料を使って軽量・堅牢な電気自動車用バッテリ格納容器を開発。重さは従来のスチール製から25%減の35kgで、量産プロセスの開発も行っているとのこと。

ライス大、CNTを使ったスーパーキャパシタを開発。苛酷な環境下でも動作可能

ライス大学の研究チームが、カーボンナノチューブ(CNT)を使って高容量と急速充放電を両立するスーパーキャパシタを開発したとのこと。極端な低温および高温の苛酷な温度環境でも動作し、ナノレベルの回路から発電プラントまで、幅広い用途でエネルギー貯蔵デバイスとして使用できるとしています。

ライス大、酸化黒鉛を簡単にスーパーキャパシタに変える方法を発見。レーザーでパターンつけるだけ、添加剤も不要

ライス大の研究チームが酸化黒鉛(GO: graphite oxide)を簡単にスーパーキャパシタに変える方法を発見したとのこと。CO2レーザーを使ってシート状のGO表面にパターンをつけるだけで良いそうです。添加剤なども必要ありません。

グラフェン・デバイス実用化の鍵は「水」、モナシュ大が報告。グラフェンをゲル状に湿らせて高性能二次電池を実現へ

モナシュ大学 Dan Li博士らの研究チームが、水を利用してグラフェンの特性を積層状態で維持する技術を開発したとのこと。これにより、グラフェンを蓄電デバイスとして実用化する道が開けると期待されています。

「アンモニアによる安価で効率的な再生可能エネルギー貯蔵技術」 デンマーク工科大Riso国立研究所らが開発推進

デンマーク工科大Riso国立研究所(Riso DTU)とベンチャー企業Amminexは、車載用のアンモニアの安全な貯蔵技術の開発に取り組んでいます。このプロジェクトは、種類の異なるいくつかの金属塩の混成物を使ってアンモニアを安全かつ安定的に貯蔵する技術の確立をめざすもの。さらに、アンモニアを「再生可能エネルギーの安価で効率的な貯蔵媒体」として実用化することもめざしています。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...