カテゴリー別アーカイブ: 装置・計測

IBM、1分子内部での電荷分布の画像化に成功

IBMが、世界で初めて分子1個の内部での電荷分布を画像化することに成功したとのこと。この技術により、単分子スイッチングや原子分子間の結合形成などについての基礎科学的な知見を深めることができ、太陽電池やエネルギー貯蔵、分子コンピュータデバイスなどの応用分野での展開が期待できるとしています。

唾液で血糖値を測れるバイオチップ、ブラウン大が開発。採血不要に

ブラウン大学の研究チームが、採血をしなくても唾液で血糖値を測ることができるバイオチップを開発しているとのこと。血糖値測定のために恒常的に採血を必要としている糖尿病患者などの負担・苦痛の軽減につながると期待されます。

米NREL、太陽電池製造工程での熱処理を革新する「光共振炉」開発。製造コスト低減と変換効率向上に期待

米国立再生可能エネルギー研究所(NREL)が、太陽電池製造工程での熱処理を革新する光共振炉(OCF: Optical Cavity Furnace)の技術開発を進めているとのこと。ウェハー加熱時の面内温度均一性に優れており、加熱・冷却コストがかからず、製造工程における様々な熱処理に対して装置を入替えずに1台で対応できることなどが特徴。変換効率の大幅向上(最大4ポイント増加)も可能になるとしています。

【産総研オープンラボ】国内初の最先端8インチMEMS製造ライン、工場省エネ化にも注力

産総研つくば東3B・3D棟に設置された8インチMEMS製造ラインを見学しました。同ラインは、8インチウェハーでのデバイス製造に対応する装置を揃えた国内初のMEMS試作ライン。2011年夏から、民間企業による研究開発にも利用され始めています。

【産総研オープンラボ】サンプル提供が始まった単層CNT量産実証プラント

産総研つくばセンターのつくば中央5-8A・B棟内に設置された単層カーボンナノチューブ(CNT)量産実証プラントで、今年度から、外部機関・企業などへの単層CNTのサンプル提供が始まっています。産総研オープンラボでも、同プラントの紹介や、サンプル製品の展示に注目が集まっていました。

【産総研オープンラボ】商用化が始まるSOFC、分析評価の課題は「高温下での原子レベルの現象解明」

固体酸化物形燃料電池(SOFC)の特徴の一つは、セラミック電解質を使っており、反応温度が800~1000℃と高温領域にあること。これは、反応に伴う排熱を貯湯や燃料改質に有効利用できるというメリットとなる反面、製品の耐久性・信頼性・安定性を向上していくために不可欠な劣化分析技術にとっては、高温条件下で原子レベルでの電池の挙動を捉えるという難しい課題にもなっているといいます。産総研オープンラボにて、エネルギー技術研究部門燃料電池材料研究グループのマヌエル・ブリト氏に話を伺いました。

【産総研オープンラボ】集光型太陽光発電システムの評価基準確立に向けてデータ収集中

太陽電池の中でも、これから市場が伸びると予測されているのが集光型太陽光発電(CPV)システム。注目すべきなのは、CPVに関して、製品の性能評価に必要な出力測定などの基準が、まだ決まっていないということ。太陽電池の国際標準規格を策定しているIEC/TC82にて、標準化に向けた議論がいままさに進められているところです。

【分析展2011レポート②】エネルギー関連の展示は今年も活発

リチウムイオン電池や太陽電池材料の分析などエネルギー・環境分野に関連した展示が目立つのは、ここ数年続いている傾向です。特にリチウムイオン電池については、自動車向けの大量生産が本格化しつつあることを受け、安全性をより高めるための高精度の異物・欠陥検出が必要になっていることに加え、分析時間の短縮ニーズに対応する技術提案が盛んに行われていました。

【分析展2011レポート①】感度向上が進む分析装置 ― 前処理の効率化・自動化にも注目

分析展2011・科学機器展2011が、2011年9月7~9日の3日間、幕張メッセで合同開催。出展者数は400超。最新の分析技術、装置、関連部品などが一堂に会しました。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...