SJN のすべての投稿

AMAT、DRAM高速化のための新製造技術を導入

アプライド マテリアルズ(AMAT)が、20nm世代のDRAM高速化に向けた製造技術を新たに導入しました。ゲート絶縁膜の性能を向上させる高ドーズ窒素注入技術「Applied Centura DPN HD」、高アスペクト比の電極構造形成技術「Applied Endura Cobalt PVD」、ゲートスタックの低抵抗化技術「Applied Endura Versa XLR W PVD」という3つの技術が発表されています。

「アンモニアによる安価で効率的な再生可能エネルギー貯蔵技術」 デンマーク工科大Riso国立研究所らが開発推進

デンマーク工科大Riso国立研究所(Riso DTU)とベンチャー企業Amminexは、車載用のアンモニアの安全な貯蔵技術の開発に取り組んでいます。このプロジェクトは、種類の異なるいくつかの金属塩の混成物を使ってアンモニアを安全かつ安定的に貯蔵する技術の確立をめざすもの。さらに、アンモニアを「再生可能エネルギーの安価で効率的な貯蔵媒体」として実用化することもめざしています。

バークレー研究所、蛍光・りん光の基本原理「Kashaの法則」を破るテトラポッド型半導体ナノ結晶を開発。センサ、光デバイスへの応用期待

科学法則の破れを観測することが、新たな知見や重要な応用へとつながる場合があります。バークレー研究所が作製した半導体ナノ結晶の人工分子において、「Kashaの法則」として知られるフォトルミネッセンスの基本原理の破れが見出された事例は、まさにそのようなものと言えるでしょう。

オレゴン州立大、インクジェット印刷によるCIGS薄膜太陽電池の低コスト製造技術を開発

Printed CIGS Thin Film

オレゴン州立大学の研究チームが、インクジェット印刷を使ってCIGS薄膜太陽電池を製造する方法を開発したとのこと。従来の製造法と比べて原料ロスを90%減らすことができ、高性能の化合物系薄膜太陽電池を短時間に超低コストで製造できるようになると期待されています。

グーグル、クリーンエネルギー技術の長期経済効果を検証

グーグルは、マッキンゼー社の低炭素経済ツール(LCET)を使ってクリーンエネルギー技術のイノベーションが社会経済に及ぼす長期的影響を検証、その結果を発表しました。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...