カテゴリー別アーカイブ: 燃料電池

MIT、「人工葉っぱ」の開発に成功。水と太陽光から水素と酸素を直接生成

マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究チームが、水と太陽光から水素と酸素の気泡を生成できる「人工葉っぱ」と呼ぶべきデバイスを開発しました。外部からの電力供給なしに太陽光エネルギーだけで水素燃料を作り出せるクリーンなエネルギー供給技術として注目されます。

無限のエネルギー供給源が実現か ― 微生物電解セルによる水素生成技術、ペンシルバニア州立大が開発

ペンシルバニア州立大学の研究チームが、微生物電解セルを使った水素生成システムを開発。海の近くで廃水がある場所ならどこでも、水素を生成できるとのこと。研究チームを率いる環境工学教授 Bruce E. Logan氏は、このシステムについて「送電網から電力供給を受ける必要がなく、完全にカーボンニュートラルで、事実上は無限のエネルギー源」であるとしています。

発電しながら放射能汚染土壌を浄化する微生物「ジオバクター」の謎、ミシガン州立大が解明

ミシガン州立大学の研究チームが、発電しながら放射性廃棄物を固定化して浄化する微生物「ジオバクター」に関する新たな発見をしたとのこと。

ジオバクターのウラン固定能力については、これまでも多くの報告がありました。しかし、ジオバクターの導電性の線毛(ナノワイヤ)がこの働きを担っているということは、今回初めて特定された事実だといいます。

米オークリッジ国立研究所、燃料電池の反応観察に適した「電気化学歪み顕微鏡法」を開発

米オークリッジ国立研究所が、燃料電池の化学反応観察に適した新手法「電気化学歪み顕微鏡法(ESM: Electrochemical Strain Microscopy)」を開発したとのこと。固体中のイオン移動を画像化することが可能であり、燃料電池の性能向上や貴金属触媒の使用量低減などの研究が進むことが期待されます。

「アンモニアによる安価で効率的な再生可能エネルギー貯蔵技術」 デンマーク工科大Riso国立研究所らが開発推進

デンマーク工科大Riso国立研究所(Riso DTU)とベンチャー企業Amminexは、車載用のアンモニアの安全な貯蔵技術の開発に取り組んでいます。このプロジェクトは、種類の異なるいくつかの金属塩の混成物を使ってアンモニアを安全かつ安定的に貯蔵する技術の確立をめざすもの。さらに、アンモニアを「再生可能エネルギーの安価で効率的な貯蔵媒体」として実用化することもめざしています。

スタンフォード大、太陽光で水を電気分解するソーラー電極を作製

水を分解して酸素と水素燃料を生成するプロセスは、大規模なエネルギー貯蔵方法として、クリーンエネルギー推進派から長らく期待されてきましたが、このアイデアは技術的な難題を抱えています。今回スタンフォード大の研究チームは、その中でも最も重要な問題を解決したようです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...