カテゴリー別アーカイブ: 光学

マックス・プランク研究所、ガンマ線回折用レンズを実現。材料はシリコンや金、電池材料開発や医療分野への応用期待

マックス・プランク量子光学研究所が、ガンマ線の回折に使えるガンマ線レンズの開発に成功したとのこと。レンズの材料には、シリコンや金を使うとしています。高エネルギーのガンマ線に適用できるガンマ線レンズは実現不可能と考えられてきましたが、実際に作れることが実験で証明されたことで、医療や材料科学の分野での様々な応用が進むことになりそうです。

NIST、光の圧力で動く可動式ミラー開発。回折格子を使った新規デバイス構造で性能向上

米国立標準技術研究所(NIST)が、空洞共振器用の高性能なミラーデバイスを開発したとのこと。光の圧力によって機械的に動くデバイスであり、これまで空洞共振器で使われてきた積層ミラーに比べて、測定感度が大幅に向上。光学とMEMSを結合した新技術として注目されます。

ディスプレイサーチ、バックライト用光学フィルム市場は3年ぶりのマイナス成長と予測。LEDの価格・構造が市場動向を左右

ディスプレイサーチが、バックライト用光学フィルムについての市場予測を発表しています。それによると、2012年の市場規模は前年比6.7%減の42億ドルとなる見込み。2009~2011年は、液晶ディスプレイ用バックライト市場の成長を受けて、光学フィルム市場も年平均成長率(CAGR)19%で拡大を続けてきましたが、今年は3年ぶりのマイナス成長になるとしています。

米NREL、太陽電池製造工程での熱処理を革新する「光共振炉」開発。製造コスト低減と変換効率向上に期待

米国立再生可能エネルギー研究所(NREL)が、太陽電池製造工程での熱処理を革新する光共振炉(OCF: Optical Cavity Furnace)の技術開発を進めているとのこと。ウェハー加熱時の面内温度均一性に優れており、加熱・冷却コストがかからず、製造工程における様々な熱処理に対して装置を入替えずに1台で対応できることなどが特徴。変換効率の大幅向上(最大4ポイント増加)も可能になるとしています。

NIST、マイクロ波光子の周波数重ね合わせが制御可能な超伝導体回路 “optics table on a chip” を開発。新型量子コンピュータへ応用

米国標準技術局(NIST)が、1個のマイクロ波光子を異なる2つの周波数(または色)の重ね合わせ状態にできる調節可能な超伝導体回路を開発したとのこと。同回路を使って、複数の異なる量子状態を作り出し、それらを操作することが可能です。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...