カテゴリー別アーカイブ: 人工光合成

UCLA、電気を液体燃料に変換して貯蔵。遺伝子操作した微生物を利用

カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の研究チームが、CO2から液体燃料のイソブタノールを生成する技術を開発したとのこと。遺伝子操作した微生物を利用しており、反応に必要な電気エネルギーの投入は太陽電池で行います。電気から作った液体燃料で駆動する新しいタイプの自動車に応用できる可能性もあります。

「ナノワイヤの森」で水素燃料つくる ― UCサンディエゴ校

カリフォルニア大学サンディエゴ校の研究チームが、三次元に枝分かれしたナノワイヤを並べて「森」のような構造を作り、太陽光から水素燃料を生成する技術を開発しているとのこと。自然の森林と同様に太陽光を効率良く吸収し、水素エネルギーに変換するといいます。

藍藻類のタンパク質を使ったナノバイオ電極を開発、光電気化学電池へ応用 ― スイス・米国共同研究チーム

スイスと米国の共同研究チームが、藍藻類のタンパク質を材料とする電極を開発したとのこと。水を分解して水素燃料を得る光電気化学電池(PEC: photo-electrochemical cell)への応用が期待されます。

MIT、「人工葉っぱ」の開発に成功。水と太陽光から水素と酸素を直接生成

マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究チームが、水と太陽光から水素と酸素の気泡を生成できる「人工葉っぱ」と呼ぶべきデバイスを開発しました。外部からの電力供給なしに太陽光エネルギーだけで水素燃料を作り出せるクリーンなエネルギー供給技術として注目されます。

スタンフォード大、太陽光で水を電気分解するソーラー電極を作製

水を分解して酸素と水素燃料を生成するプロセスは、大規模なエネルギー貯蔵方法として、クリーンエネルギー推進派から長らく期待されてきましたが、このアイデアは技術的な難題を抱えています。今回スタンフォード大の研究チームは、その中でも最も重要な問題を解決したようです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...