カテゴリー別アーカイブ: 新材料

MITとミシガン大、転写不要の大面積グラフェン成膜法を開発

転写を伴わずに基板上へグラフェンを成膜するプロセス(出所:MIT)

マサチューセッツ工科大学(MIT)とミシガン大学の研究チームが、基板上にグラフェンを成膜する新たな方法を開発した。従来法では、金属箔上にグラフェンを成膜してから所望する基板に転写する必要があったが、新しい方法は転写プロセスを伴わず、シリコンウェハーや大面積のガラス基板などにグラフェンを直接成膜できる。ディスプレイや太陽電池などへのグラフェンの応用が容易になると期待される。

東北大、全固体電池用の新規リチウムイオン伝導体を開発

左:KI - LiBH4系の格子定数、右:25 mol%LiBH4ドープ KI のイオン伝導度

東北大学の研究グループが、全固体電池のための新しいリチウムイオン伝導体KI-LiBH4を開発した。従来から知られている酸化物系や硫化物系の固体電解質に比べて飛躍的に成形性が高く、電極材料と良好な接触性を示す水素化物系固体電解質LiBH4(水素化ホウ素リチウム)に着目した。

東北大、高い電気伝導性を持った3次元グラフェンの開発に成功

左:ナノ多孔質ニッケル上に成長した3次元ナノ多孔質グラフェン、右:ニッケルを溶かした後の3次元ナノ多孔質ナノ多孔質グラフェン単体 (出所:東北大学)

東北大学が、新規材料「3次元ナノ多孔質グラフェン」の開発に成功した。これまで3次元炭素材料は非結晶性不連続体(粉状)のため電気をほとんど通さなかったのに対して、結晶性の高い1枚の繋がった3次元グラフェンシートを作製することで高い電気移動度を達成した。シリコンに替わる3次元デバイスの開発が期待される。

立命館大、高強度と高靭性を両立させる金属材料創製法を開発。医療・航空宇宙分野での応用期待

調和組織制御により作製した純チタン製ボルト・ナットとその顕微鏡写真。微細結晶粒のネットワーク構造が粗大結晶粒を包み込んでいる様子がわかる (出所:立命館大学)

立命館大学理工学部機械工学科の飴山惠教授が、金属材料の力学特性を飛躍的に向上させることが可能な材料創製法の開発に成功した。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...