カテゴリー別アーカイブ: 展示会情報

【CEATECレポート③】EVの進化を支えるモータ、インバータ

電気自動車(EV)の高性能化は、モータ、高効率パワーモジュール、高容量バッテリ、車体軽量化材料の開発など、様々な領域での技術革新が相乗してはじめて可能になるものです。今回は、CEATEC JAPAN 2011の展示内容から、モータとパワーモジュール関連の技術についてまとめてみました。

【CEATECレポート①】太陽電池のニッチな用途開発に注目

震災、原発事故を経て、再生可能エネルギーへの関心が高まる中での開催となったCEATEC JAPAN 2011。例年デジタル家電やゲーム機などが主役となる幕張メッセ1~3ホールにも、今年は「スマートコミュニティ・ゼロ」と題するエネルギー関連の特設エリアが設けられ、大きな注目を集めました。これから数回に分けて、CEATEC2011で展示された環境・エネルギー関連の技術をレビューしていきたいと思います。

CEATEC2011が4日から開催: SJN的に気になる展示をピックアップしてみた

10月4日(火)~8日(土)の5日間、幕張メッセでCEATEC2011が開催されます。どちらかというと、デジタル家電、モバイル、ネットワーク分野などの出展ブースに人気が集まる同展示会ですが、今年は震災・原発事故の影響もあり、エネルギー関連技術への注目度が例年より高まるのでは、と思います。以下、電子部品・デバイス・装置関連を中心に、SJN的に気になる展示をピックアップしてみました。

【分析展2011レポート②】エネルギー関連の展示は今年も活発

リチウムイオン電池や太陽電池材料の分析などエネルギー・環境分野に関連した展示が目立つのは、ここ数年続いている傾向です。特にリチウムイオン電池については、自動車向けの大量生産が本格化しつつあることを受け、安全性をより高めるための高精度の異物・欠陥検出が必要になっていることに加え、分析時間の短縮ニーズに対応する技術提案が盛んに行われていました。

【分析展2011レポート①】感度向上が進む分析装置 ― 前処理の効率化・自動化にも注目

分析展2011・科学機器展2011が、2011年9月7~9日の3日間、幕張メッセで合同開催。出展者数は400超。最新の分析技術、装置、関連部品などが一堂に会しました。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...