カテゴリー別アーカイブ: 太陽電池

北大、近赤外光による水の光酸化に成功。人工光合成への応用期待

北海道大学の研究グループが、紫外、可視、近赤外領域の広い波長域で光電変換可能な金ナノ構造/酸化チタン電極の作製に成功した。人工光合成において重要な役割を持つ水の光酸化に関して、可視光だけでなく近赤外光によって酸素と過酸化水素を発生させる系を実現した世界初の成果であるという。赤外光を利用した太陽電池や、人工光合成への応用が期待される。

電子のスピン操作によって有機太陽電池を高効率化可能 ・・・ 英米チームが報告

米国ワシントン大学と英国ケンブリッジ大学の研究チームが、有機太陽電池を高性能化する新たな方法を発見した。セル中の電子のスピンを操作して電子と正孔の再結合を防ぐことによって、変換効率の向上がを可能になるという。有機半導体デバイスの開発において、新たな設計指針になると期待される。

東大、赤さび(酸化鉄)改良して高効率の太陽光発電

東京大学工学系研究科 田畑仁教授、関宗俊助教らが、安価で身近な素材である赤さび(酸化鉄)を改良することで、高効率の太陽光発電を実現した。ロジウム入りの赤さび薄膜を用いた光電気化学セルで、波長700nm~950nmの近赤外域で光電流を発生させることに成功した。太陽電池や水素生成用光触媒への応用が期待される。

オレゴン州立大、CZTS化合物薄膜太陽電池の低コスト製造法を提案

オレゴン州立大学の研究チームが、安価なトリエチレングリコールを溶媒に用いたCZTS(銅・亜鉛・スズ・硫黄)化合物薄膜太陽電池の製造法について報告している。トリエチレングリコールは自動車用ラジエータの凍結防止剤としても広く利用されている材料。同技術が確立されれば、環境負荷の低いCZTS太陽電池が低コストで量産可能になるとみられる。

1nm厚の2次元太陽電池で従来比1000倍の高出力密度が可能・・・MITが予測

マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究チームが、グラフェンなどの2次元系材料を用いた太陽電池の研究を進めている。1nm厚の極薄太陽電池シートで理論的には変換効率1%程度を確保できるという。重量あたりの出力を比較すると、既存の極薄太陽電池の100~1000倍という高出力を実現できることになる。

産総研とSTi、結晶シリコン太陽電池モジュールでのPID現象の抑制技術を開発

産業技術総合研究所(産総研)太陽光発電工学研究センター 太陽電池モジュール信頼性評価連携研究体の増田淳氏と原浩二郎氏が、Potential-induced degradation(PID)現象による結晶シリコン太陽電池の出力低下を抑制する技術を開発した。酸化チタン系の複合金属化合物薄膜をガラス基板にコーティングする。サスティナブル・テクノロジー(STi)との共同研究。

韓国UNIST、プラズモン効果利用した高分子太陽電池で変換効率8.92%記録

韓国・蔚山科学技術大学校(UNIST)の研究チームが、高分子太陽電池で変換効率8.92%を達成した。金属ナノ粒子によるプラズモン効果を利用した高分子太陽電池としては世界最高値を更新した。外部量子効率は81.5%となっている。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...