カテゴリー別アーカイブ: 市場予測

2011~2016年のスマートメーター市場は年平均32.9%で成長。IDCが予測

IDCが、スマートメーターの世界市場調査結果を発表しています。それによると、2011年第4四半期におけるスマートメーター出荷台数は前期比11.8%増、23.8%増と二桁成長し、2011年通年での出荷台数は2540万台になったとのこと。2016年の出荷台数は1億4000万台を超え、2011~2016年の年平均成長率(CAGR)は32.9%になると予測しています。

中国・太陽電池モジュール孫請けメーカーの工場稼働率は35%に低下、IMSリサーチ調べ

IMSリサーチの報告書によると、中国の太陽電池モジュール孫請けメーカー(Tier 2 suppliers)の工場稼働率は、2011年第4四半期に35%まで低下したとのこと。前年同期の稼働率80%から大きく後退しており、高い在庫レベルと2012年における弱含みの需要予測を反映するものとなっています。

中国メーカーの動きに注目、携帯機器用AMOLEDディスプレイ市場動向 ― IHSアイサプライが報告

調査会社IHSアイサプライが、アクティブマトリクス型有機EL(AMOLED)の出荷数量予測を発表。また、中国パネルメーカーが今後数年間で携帯電話・スマートフォン用AMOLEDディスプレイの主要メーカーになることを狙っているとして、その動向をまとめています。

太陽光発電用マイクロインバータ市場、急成長するも本格普及はまだ先 ― IMSリサーチが分析

IMSリサーチが、太陽光発電用マイクロインバータについての市場調査をまとめています。それによると、2010年のマイクロインバータおよびパワーオプティマイザ市場は、前年比500%増と急成長。しかし、太陽光発電用インバータ市場全体に占める割合は、いまだ1%に満たないレベルにとどまっているとしています。

中国とブラジルが今後数年のスマートメーター市場を牽引、IDCが予測

IDCがスマートメーターの市場調査結果を発表しています。それによると、2011年第2四半期のスマートメーター世界出荷台数は前期比4.1%増の560万台、これまでの累計設置台数は9000万台に達したとのこと。ただし、2011年の成長率は、2008~2010年と比較するとかなり低くなる見通しとしています。

ディスプレイサーチ、LED・有機ELの市場予測を発表

調査会社ディスプレイサーチが、LEDと有機ELに関する市場予測を発表しています。LEDは、2013年がバックライト用途の需要ピークと予測。照明用途での普及が加速するとしています。また、有機ELについては、液晶パネルの苦戦が続くディスプレイ産業の次の成長を握るカギになると見ています。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...