SJN のすべての投稿

東工大ら、有機化合物で巨大な熱電効果を発見…既存の熱電材料の100倍

有機化合物(TMTSF)2PF6のゼーベック係数Sの絶対値の温度依存性(出所:東京工業大学)

東京工業大学らは、有機化合物(TMTSF)2PF6(テトラメチルテトラセレナフルバレン塩)の低温の半導体状態において、現在最も利用されている熱電変換材料の100倍にも達する巨大な熱電効果を発見した。大きな熱電効果を発現する新しい熱電材料の開発につながるものと期待される。

京大、高エネルギー密度・高安全性・低コストのマグネシウム金属二次電池を開発

高エネルギー密度、高安全性マグネシウム二次電池(出所:京都大学)

京都大学の研究グループは、高輝度光科学研究センターと共同で、既存のリチウムイオン電池に置き換わることが可能な高エネルギー密度マグネシウム金属二次電池の開発に成功した。開発した二次電池は埋蔵量の多いマグネシウム、鉄、シリコンが主な構成元素であり、低コスト化が期待される。

ワッティー、研究開発用途向けに新しいALD成膜装置を開発

ALD成膜装置(ワッティー)

ワッティーは、研究開発用途向けに新しいALD成膜装置を開発した。ALD(Atomic Layer Deposition:原子層堆積)は、原子1個分という極めて薄い膜を緻密に形成できる成膜プロセス。最先端の半導体デバイス製造で使われている他、最近ではガスを透過させないバリアシートや、微粒子へのコーティング技術など、様々な分野でALDが利用されるようになってきている。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...