カテゴリー別アーカイブ: 太陽電池

「2011年の米国の太陽電池導入量は前年比166%増の2.4GW、今後5年間成長続く」 アイサプライが予測

調査会社IHSアイサプライが、2011年の米国太陽電池市場予測を発表しています。それによると、2011年の米国での太陽電池設置容量は前年比166%増の2.4GWに増加する見込みとのこと。米国は、2010年も同80%増の900MW超と高い伸びを記録しましたが、今年はその2倍というさらに高水準での拡大となりそうです。

MIT、太陽がでていなくても発電できる太陽電池を開発

マサチューセッツ工科大の研究チームが、太陽がまったく出ていなくても発電可能な太陽電池を開発したとのこと。この電池は熱を光に変換する材料を使っており、熱から光に変換されたエネルギーをさらに太陽電池セルで電気に変換するという仕組みだそうです。

ソーラーバズ、アジア太平洋地域の太陽電池市場予測と政策動向まとめ。2015年には世界需要の26%占める

ソーラーバズが発表した予測によると、アジア太平洋地域の太陽電池市場は2015年に世界全体の需要の1/4を占めるようになるとのこと。また、中国・日本・インド・オーストラリア・韓国の上位5国の2011年の需要量については、3.3GWとしています。

オレゴン州立大、インクジェット印刷によるCIGS薄膜太陽電池の低コスト製造技術を開発

Printed CIGS Thin Film

オレゴン州立大学の研究チームが、インクジェット印刷を使ってCIGS薄膜太陽電池を製造する方法を開発したとのこと。従来の製造法と比べて原料ロスを90%減らすことができ、高性能の化合物系薄膜太陽電池を短時間に超低コストで製造できるようになると期待されています。

スタンフォード大、太陽光で水を電気分解するソーラー電極を作製

水を分解して酸素と水素燃料を生成するプロセスは、大規模なエネルギー貯蔵方法として、クリーンエネルギー推進派から長らく期待されてきましたが、このアイデアは技術的な難題を抱えています。今回スタンフォード大の研究チームは、その中でも最も重要な問題を解決したようです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...