パナソニック、マイナス40℃の低温下でも使えるニカド電池を開発

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

パナソニック オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社が、マイナス40℃の低温下でも充放電可能なニカド電池を開発した。60℃の高温環境でも対応できる仕様となっている。2013年8月よりサンプル出荷を行い、2014年度から量産を開始する。月産数量は100万個。

カドニカ GTシリーズ (パナソニック)

北海道、米国北部、ロシア、カナダ、北欧など冬季気温がマイナス20℃以下になる地域では、従来の二次電池を低温環境下で安定に使用することが難しかった。二次電池を使用した独立電源システムでは、電池の保温用のヒーターが必要になり、機器が大掛かりになってコストがかかることも問題だった。

今回のニカド電池では、電解液マネジメント技術と高性能負極板の採用により、低温環境での充放電を可能にした。寒冷地域でのソーラー街路灯など独立電源システムの設置場所拡大、システムの簡略化、低コスト化などが期待できる。冷凍倉庫非常灯、寒冷地仕様機器、屋外バックアップ機器などでの使用も想定する。

カドニカGTシリーズの使用温度範囲

 
一般的に、電池内部の活物質の化学反応は温度が低いほど不活発となり、電池性能が落ちる。ニカド電池など水溶液系の電解液を使った電池はマイナス20℃以下の低温環境では電解液が凍結し、電池が機能しなくなる。今回、高性能負極板を新たに採用することで低温時の反応性を向上させた。また、電解液の濃度を最適化する電解液マネジメント技術によって、マイナス40℃まで対応できる仕様とした。金属ニッケル粉末を高温で焼成し、多孔質で強固なニッケル基材を作製する正極板焼結技術によって、強度に優れた正極板構造を実現し、活物質の膨張を抑制することで、低温下での長寿命化も実現している。


発表資料

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...