「スマホの充電いらなくなるかも」 UCLA、液晶バックライトの光で発電できる太陽電池偏光板を開発

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

UCLAの研究チームが、液晶ディスプレイの部材である偏光板に有機太陽電池の機能を持たせる技術を開発したとのこと。太陽光だけでなく、液晶バックライト自体の光を使って発電することもできるため、この技術が実用化されればスマートフォンなど液晶画面付き携帯機器を外部電源から充電する必要がなくなるかもしれません。

UCLAが開発した偏光有機太陽電池フィルム (Image credit: UCLA Engineering)

研究チームによれば、今日のデバイスでは電力の80~90%が液晶バックライトを光らせるために消費されています。その一方、バックライト光のうち75%は偏光板を通過する途中で失われてしまい、液晶画面を表示するために使われていないといいます。このため、今回開発された有機太陽電池偏光板を使えば、液晶ディスプレイの未利用エネルギーのかなりの部分が利用可能になるのです。もちろん、バックライト光以外にも、屋外の日光や室内光からの発電もできます。

研究チームのYang Yang教授は「これから、有機太陽電池偏光板の変換効率をさらに向上させていきます。そして、メーカーと連携してこの技術を実際の製品に組み込みたいと考えています。ゆくゆくは、この技術による省エネ型液晶が、ディスプレイ技術の主流になることを願っています」と語ります。

また、「我われが開発したコーティング法はとてもシンプルなので、将来的には大面積ディスプレイにも適用可能になると思います」と同チームの Rui Zhu氏は話しています。

原文 http://bit.ly/nMyoVE
訳 SJN

おすすめ記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

「「スマホの充電いらなくなるかも」 UCLA、液晶バックライトの光で発電できる太陽電池偏光板を開発」への3件のフィードバック

  1. > 75%は偏光板を通過してしまい
    逆逆! 通過する際に失われるのが75%!

  2. >hogeさん

    ご指摘の通りですね。元の訳では意味が逆になってしまいます。以下の通り訂正し、お詫びします。

    「バックライト光のうち75%は偏光板を通過する途中で失われてしまい、液晶画面を表示するために使われていない」

    ※記事本文は訂正済みです。

コメントは停止中です。