カテゴリー別アーカイブ: 人工光合成

東工大と豊田中研、光を捕集する「人工の葉」を開発。植物の光合成に匹敵する人工光合成にめど

東京工業大学理工学研究科の石谷治教授と豊田中央研究所の稲垣伸二シニアフェローの共同研究チームが、2段階のエネルギー移動で光を効率よく捕集する分子システムを初めて開発した。太陽エネルギーを高効率で化学エネルギーに変換する植物の光合成に匹敵する人工光合成の実現につながる成果。

阪大、光合成の中核を担う「歪んだ椅子」の構造解明に成功。人工光合成の開発加速に期待

大阪大学理学研究科の石北央教授と斉藤圭亮助教の研究グループが、植物の光合成の中核を担う「歪んだ椅子」と呼ばれる触媒部位の構造解明に成功した。これまで「歪んだ椅子」の構造解明が進まないことが、効率的な人工光合成系の開発の障害になっていた。

北大、近赤外光による水の光酸化に成功。人工光合成への応用期待

北海道大学の研究グループが、紫外、可視、近赤外領域の広い波長域で光電変換可能な金ナノ構造/酸化チタン電極の作製に成功した。人工光合成において重要な役割を持つ水の光酸化に関して、可視光だけでなく近赤外光によって酸素と過酸化水素を発生させる系を実現した世界初の成果であるという。赤外光を利用した太陽電池や、人工光合成への応用が期待される。

バークレー研究所、人工光合成研究のためのマイクロ流体テストベッドを完全集積化

米ローレンス・バークレー国立研究所 人工光合成共同センター(JCAP)が、人工光合成システムの評価・最適化のための集積化マイクロ流体テストベッドを開発した。人工光合成システムを構成する様々な要素を検証したり、触媒や膜、電極などの材料を換装してテストを行ったりできる。

バークレー研究所、人工光合成システムの集積化に成功。ナノスケールの森林状デバイス

米ローレンス・バークレー国立研究所が、人工光合成システムを集積化したナノデバイスを開発した。植物の葉緑体に似た構造を持つ樹木状の半導体ナノワイヤに太陽光を吸収させ、太陽エネルギーで水を分解して酸素と水素を生成する。集積化したデバイスは、樹木状ナノワイヤが多数配列されているため、ナノスケールの森林のように見える。

バークレー研究所ら、自然界のフラクタル図形を取り入れた人工光合成用マイクロ流路を設計

米ローレンス・バークレー国立研究所とカリフォルニア大学バークレー校の研究チームが、人工光合成プロセスにおける水と二酸化炭素の搬送に適したマイクロ流路デバイスを考案した。雪の結晶や生物の毛細血管など、数学的な自己相似性を有する自然界のフラクタル図形を模倣することにより、マイクロ-マクロスケール間での流体の行き来が行えるようになるという。

カリフォルニア大、遺伝子操作した藍藻類の光合成による化学原料生産で記録更新。旭化成も参加

カリフォルニア大学デイビス校の化学者チームが、遺伝子操作した藍藻類(シアノバクテリア)を使って燃料やプラスチックの前駆体を生成することで化石燃料を代替する研究を進めている。日本から、旭化成も研究に参加している。

京大、太陽エネルギー利用してCO2資源化めざす。新しい有機合成手法を開発

京都大学 大学院工学研究科 村上正浩教授らのグループが、太陽エネルギーを利用し、二酸化炭素をアミノケトンに導入する有機合成の新手法を開発した。太陽光を駆動力として有機化合物に二酸化炭素を取り込むための基礎的な方法論を提案・実証したものであり、この方法論を押し進めることで、温室効果ガスである二酸化炭素を炭素資源として活用できるようになると期待される。

NIMとテルアビブ大、光合成タンパク質の光電流を近接場光顕微鏡で測定

ナノシステム・イニシアチブ・ミュンヘン(NIM)とイテルアビブ大学の研究チームが、光合成タンパク質単体から生成される光電流の測定技術を開発したとのこと。単分子レベルで光合成タンパク質を制御・測定できるようにすることで、光電変換や光電気化学分野でのデバイス応用が進むと期待される。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...