カテゴリー別アーカイブ: バイオ・医療

ペンシルバニア州立大、ヒトの細胞内部で人工ナノモーターの動きを制御

ペンシルバニア州立大学の研究チームが、ヒトの細胞内部で人工ナノモーターをコントロールする技術を開発した。超音波を使ってナノモーターの前進運動や回転を制御できる。磁気による操縦も可能であるという。癌の治療やドラッグデリバリーへの利用が期待される。

東大、柔らかいワイヤレス有機センサシステムを開発。おむつに装着可能な使い捨てセンサなどへ応用

東京大学の桜井貴康教授、染谷隆夫教授らの研究グループが、有機デバイスだけで構成された柔らかいワイヤレス有機センサシステムの開発に成功した。世界初の成果であるという。開発したセンサシステムは、離れたところからワイヤレスで電力供給が可能で、水分検出などに使える。おむつや絆創膏に装着する使い捨てセンサなどへの応用が期待される。

理研ら、光合成だけでバイオプラスチック生産。世界最高レベルの生産効率14%達成

理化学研究所とマレーシア科学大学が、ラン藻に微生物の遺伝子を導入し、光合成だけで高効率にバイオプラスチックを生産することに成功した。ラン藻の乾燥重量の14%に当たるポリヒドロキシアルカン酸(PHA)を合成し、世界最高レベルの生産効率を達成した。太陽光によるクリーンで安全なバイオプラスチック生産プロセスが構築できると期待される。

MIT、100京分の1グラムの分解能を持つ微粒子質量測定器を開発

マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究チームが、1アトグラム未満の分解能を持つ質量測定器を開発した。1アトグラムは、100京分の1グラム(1グラムの1兆分の1のさらに100万分の1)という極めてわずかな質量。ナノ粒子や生体細胞の構成要素の質量を精密に測定できるようになる。微粒子の組成や機能の解明に役立つという。

MIT、ウイルスを利用してリチウム空気電池電極用ナノワイヤを作製

マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究チームが、遺伝子操作したウイルスを利用してリチウム空気電池の電極用ナノワイヤを作製する技術を開発した。通常の化学的手法で成長させたナノワイヤと異なり、ウイルスによって形成されたナノワイヤは表面にスパイク状の突起があり、表面積が大幅に増加するという。

MIT、体内に1年以上埋め込んで一酸化窒素モニタリングできるCNTセンサを開発

マサチューセッツ工科大学の研究チームが、カーボンナノチューブ(CNT)を用いて、1年以上の長期間に渡って生体内に埋め込むことができる分子センサを開発した。生体機能にとって重要な役割を果たしている一酸化窒素(NO)やグルコースなどの分子の研究が進むと期待される。

バークレー研究所、グラフェン液体セルとTEMを使ってDNAの3次元動態を動画化

米ローレンス・バークレー国立研究所の研究グループが、グラフェン液体セルと透過電子顕微鏡(TEM)を使ってDNAの3次元的な動きを動画撮影することに成功した。平面的な乾燥試料の観察に使われる既存のTEMとは異なり、ソフトマテリアルの3次元動態をTEMで捉えた初めての例であるという。生体巨大分子や人工ナノ構造体などの3次元動態についての研究が進むと期待される。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...